忍者ブログ

mixi:栞那 : pixiv:Shiory : twitter:shiorinoji0309 : Piapro:栞那@暴挙の人
MAIN MENU : AboutVoiceNovelsLylicsPicturesLinksMailIndex

お気に召しましたらぽちっとお願いします。

[PR]
2017/07/26 (Wed) -

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


Scrap Blend 1杯目 Act4
2009/11/20 (Fri) - SclapBlend

集中講義関係がひと段落したので、いまさらのようにUP。
実は学校からUPしてますサーセン

とりあえず、これで1杯目終了です。
既存品だと2杯目は途中で切れてたんですねぇ。何やってんだ過去の栞那。
というわけで2杯目からはほとんどオリジナルです。お楽しみに。


・・・お楽しみに(何



======


リーダーの悲鳴が、響き渡る。
宙を舞った『サイドワインダー』を、凌次の左手がキャッチした。
『異形』はいつの間にか、元の凌次の細く白い腕に戻っていた。
左手の『サイドワインダー』を一瞥し、最初に壊れた壁の辺りに居た鏡弥たちへと向き直る。
「…………」
歩美は、俯いたまま相変わらず動かない。
「……歩美ちゃん」
長い髪に隠れて表情がわからない。そして、鏡弥も唯那も何も言わない。
相変わらず、沈黙を続ける歩美。ため息をつき、凌次が言葉を続けた。
「市野原さんに連絡を取ってくれないかな?解体完了だって」
そして、歩美が顔をあげた



Scrap Blend
一杯目 いらっしゃいませ
        -Welcome to the Cafe SCRAP-





 - A c t 4 -



「――…気に入ったわ!」

『……はい?』
一同の声が見事にハモる
「その度胸! 技量! 素早さ! 何より不思議な力! 気に入った!
どう!?私と一緒に盗賊やらない!?」
凌次の手をとり、目を輝かせて言う歩美を見て、噴出したのは鏡弥だった
「無理!無理!凌次に細かい作業は無理だ絶対!」
「不器用だから解体屋やってんのよ、特に凌次」
「……二人とも、その言い草はひどくない?」
楽しそうに笑う、鏡弥と唯那を半眼で睨みつつ、凌次が言う。
「じゃあ……仲介屋やらせて?」
『……はい?』
再び、3人の声がハモる
「盗賊家業の情報網を生かして、そういう仕事もやってるの! どう? 一緒に――」
「ストップ」
突如、歩美の台詞を、鏡弥が止めた。
「何よ――」
「逃げるぞ、サイレンが聞こえる」
その言葉からほどなくして。
『ハニーハント』支部は、包囲されると同時に崩壊を始めた。

φ

「っっどえええぇぇ!?」
「……暴れすぎたな」
「冷静に言ってる場合じゃないでしょ!!」
凌次が叫び、鏡弥が言い、唯那がツッコむ。言い合いしながら必死に逃げる一行。
「そういえば、1階の研究室がダミーだったんだけど! 凌次君何か聞いてない!?」
走りながら歩美が叫ぶ。
「あ、そうだ! 地下に研究所があるとか言ってたよ!」
「量産を防ぐことが目的なら、研究所ごと破壊しなきゃじゃないの!?」
凌次と唯那が叫ぶような声で言い合ってる間にも、脆くなっていたリーダーの部屋の方から徐々に屋敷が崩れていく。
口を挟んだのは、鏡弥だった。
「お前ら! ちょっと来い!」

φ

「離れてください!危険です!離れてください!」
野次馬と報道陣を押し、警官が叫ぶ。
崩れ始めた『ハニーハント』支部の周囲は、騒然としていた。
「どうしますか!?」
「突入もできんだろうが!どうしようも――」
『うおおおおおおおお!』
警官たちの会話を遮り、叫び声が近づいてくる
「……何だ?」
「どいてどいてどいてどいて!!」
「爆弾だー! 爆発するぞー!」
顔に布を巻き、顔を隠した男が二人、叫びながら大きな箱を持ってきたところだった。
「な……!?」
「何か突然乗り込んできた奴らがこれを仕掛けて逃げたんです!
とにかく皆離れて! これと同じのがさっきから爆発していってるんです!」
『何いいぃぃ!?』
ずざざ、と一気に退く野次馬たち
「って……どうしようこれ!?」
「バカ!俺が知るか!」
二人が言い争う中、野次馬の中から声が聞こえた。
「屋根の上に誰か居るぞ!」
その声に、野次馬と警官たちの視線が屋根の上へと集まる。
そこには、覆面を被った二人の人影があった。
左側の人影が、何かスイッチのようなものを取り出し、いじる。
「……おい、あれって起爆スイッチって奴じゃないか?」
そう言ったのは誰だったか。

ずざざざざっ!

一斉に、マフラーの二人から野次馬が遠ざかる。
屋根の上の人影は、気づけば居なくなっていた。
箱が光を放ち――閃光と煙が、周囲を包む。

直後、『ハニーハント』支部は地盤から完全に崩壊した。

φ

「ふぅ…何とか逃げ切ったね」
「すっげぇ無理矢理だったけどな」
「即興にしてはよかったんじゃない?」
言うまでも無く、マフラー組と覆面組は、スクラップブレンドの一行だった。
屋根の上にいたのが唯那と歩美。覆面を被り、体を布で隠せば女だとバレることも無い。
ちなみに、屋根の上の人影に気づいた野次馬役は市野原だったりする。
今は、店へと向かう帰り道。一芝居うったせいで、歩美もバイクは置いてスクラップブレンドの車に同乗している。
「そういえば、いつもあんなに派手に暴れてるの?」
「そうだなぁ。大体あんな感じ」
運転しながら、歩美の質問に凌次が答える。
「あー。私たち、国籍ないのよ」
唯那がさらりと言い放ち、言葉を続ける。
「私たちは皆、3年前に飛行機事故で死んだことになってるの」
「…………へ?」
突然の告白に、目が点になる歩美。
「その飛行機事故の被害者は120名。ヘキサエアライン1206便は隣国に向けて離陸後、1時間ほど経って突然の制御不能に陥り、隊兵洋に墜落した」
追撃をかけたのは鏡弥。
「まさか……機体からは死体が一つも発見されなかったっていう、あの怪奇事件?」
「ああ。表向きは全員沈んだ、ってことになってるみたいだな」
「……俺たちはね、人間と機械の合成物、そして人間と動物の合成物の実験台にされたんだ。」
最後に言葉をつむいだのは、凌次。
「ヘキサエアラインの親会社、『ポリヘキサゴン』にね。」
「え……!? ちょっ、ちょっとまって!?」
その言葉に、歩美が反応する。
「ポリヘキサゴンって…この国が誇る世界一の企業じゃないの!?」
「ああ。世界一だ、表でも裏でもな。『ハニーハント』以上の影響力を持ってる。
それゆえに、あんなことが出来たんだ。」
「被験者は120人、その内生き残ったのはたったの30人。
……でも、表の世界に出たのは私たちを入れてたったの8人。」
「――俺達をこんな体にした奴らを解体するのが、俺達の目標なんだ。」

φ

「改めまして……ご協力どうもです」
少しだけ重い空気の中、店に帰ってきたあと。
依頼主の市野原を含めた全員が、カウンターに集まっていた。
凌次が、奪取した『サイドワインダー』を差し出し、事情を説明する。
「ふむ……ということは、『合成人間』の研究をしていたのか、あの支部で。」
「そのようです。」
「わかった、あとは我々で何とかしよう。」
「お願いします。」
淡々と、凌次と市野原が商談を行う中、唯那がコーヒーを運んできた。
「……ああ、そうそう。ちょっと派手過ぎた気がするぞあれは」
市野原がニヤリと笑う。得意げに笑いながら、凌次が言い返した。
「大丈夫ですよ、警察には見つかってませんから」
「……ん。何を言ってる」「……え。何言ってんの?」
市野原と歩美の声が被る。きょとんとした表情の凌次に向かって、市野原が言った。
「私は警察の者だぞ」
『ええええええええ!?』
本日三度目、三人の声が見事にハモる
「何だ、言わなかったか?『見てのとおりの職業』だと」
「いや……そう言ったからてっきり……」
――なんとなく、先を続けることは出来なかった

φ

何処かの国の、何処かの街の、何処かの路地に、一軒の喫茶店がある
『SCRAP』 解体という名のその店は、客が多くも少なくも無いような……そう、よくある喫茶店
もしその店を見つけたら。あのコーヒーを注文しよう
――『スクラップ・ブレンド』を

PR

PREV HOME NEXT

COMMENTS

COMMENT FORM

TITLE

NAME

EMAIL

HOME
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字PASS
COMMENT

TRACKBACKS

TRACKBACK URL

 
Twitter

プロフィール

HN:栞那/Shiory
年齢:28
ニコニコで歌い手をやったりpiaproで作詞家をやったりしています。
詳細はABOUTにて。

ニコニコで歌ってます。

Mylist
Community

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ブログ内検索

最新コメント

[06/16 ち緑いだ]
[05/28 小筆]
[05/28 ちび]
[05/12 ちび]
[05/05 ちび]

最新トラックバック

OTHERS
Designed by TABLE ENOCH
Powered by [PR]