忍者ブログ

mixi:栞那 : pixiv:Shiory : twitter:shiorinoji0309 : Piapro:栞那@暴挙の人
MAIN MENU : AboutVoiceNovelsLylicsPicturesLinksMailIndex

お気に召しましたらぽちっとお願いします。

[PR]
2017/07/26 (Wed) -

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


Scrap Blend 2杯目 ACT3
2010/04/11 (Sun) - SclapBlend

ご無沙汰してます。
待ってる人がいるかは知りませんが、お待たせいたしました!
ScrapBlend、最新話です。

別作品の方もぼちぼち書いてはいますが、とりあえずこれからHP改装の続きやってきます!
昨日やろうと思ってたんだけど二日酔いでそれどころじゃry

======

「唯那! 生きてるか!?」
「なんとか!」
 隣の民間の屋根に着地し、凌次のあげた声に唯那が答える。
 4人で背中合わせに立って死角をなくし、周囲を警戒する。
「なに、こいつら?」
「少なくとも、旅人用の夜のサービスってわけじゃなさそうだけど」
「ンなもんがあってたまるか」
「知らないのか鏡弥!? こういう町だとそれ専用の女の子が――」
「アホなこと言ってないの! くるよ!」
 白兎と鏡弥のやりとりを唯那が叱りつける。同時に、近場の屋根の上に居た4体の『人形』が地を蹴った。
 
 
 Scrap Blend
  2杯目「大樹の上の孤城」


φ 
 
 
   Act3
 
 
 凌次が吼え、鏡弥が疾り、唯那が舞い、白兎が跳ぶ。『人形』たちは、一体一体は大して強くない。しかし――
「多いなクソ……!」
「クケケケケャ!」
 鏡弥の呟きを『人形』の笑い声がかき消す。
 首をかき斬ろうと迫る凶刃の動きを磁力で止め――
「――っ!」
 振り向き、真後ろから突っ込んできた人形に弾丸を放つ。
「皆、跳んで!」
 白兎の声。理解するより早く、全員が宙に飛び出す。
「これでも……くらえ!」
 声と共に白兎が投げた『それ』は、追いかけ飛び上がってきた『人形』に接触。
 
 刹那、そこを中心に、衝撃波がほとばしる!
 
「音波弾か!」
「イエスっ!」
 吹き飛んだ『人形』達が地面へと落下していくのを見ながら、四人は町の中心の、少し大きな屋敷の屋根へと着地した。
「……おかしい」
 すぐさまその場を離れながら、凌次が呟く。
「住人のこと?」
 気付いていたのか、唯那が言葉を繋いだ。
「こんだけドンパチやってるのに誰も出てこないのは……」
 珍しく神妙な顔付きで、白兎が言う。
「皆アレに夢ちゅ」
「真面目にやれ」
 鏡弥が白兎の言葉を遮り頭を叩く。
「皆が避難してるのか、それとも……」
「もう手遅れか、だな。」
 凌次と鏡弥の言葉のあと、しばし四人が走る音だけが路地に響く。
 ふと、疑問を口にしたのは唯那だった。
「なんで私たちは撃されたのかな? ヴァンパイアを狙ってきたから?」
「いや、そのことは町の人たちは知らな――」
 白兎の言葉が終わるより早く。
「クケキォキォキォ!」
 彼の真横の民家の窓から、『人形』が飛び出す。
「――いぃっ!?」
 白兎が目を丸くしながらなんとか『人形』の攻撃を回避する間に、凌次の左腕が『人形』を吹き飛ばした。
「びっ……くりした……」
「家の中に居たってことは、ホントにもう……」
 へたりこむ白兎を見ながら、唯那が呟く。
「とりあえず町から出よう。キリが――」
「待って」
 凌次の提案を遮ったのは、腰を抜かして座り込んだ白兎だった。
 
 Φ

「ったく情けないなお前は。」
「うるさいやい! いきなりあんなんきたらびっくりするわ!」
「はいはい、人の耳元で叫ばないの。」
 白兎を背負った凌次を先頭に、4人は町を進む。
 どうやら『人形』たちは機械的なセンサ等は持っていないようで、慎重に進むようになると遭遇率は一気に下がった。
「そんなことより、これからどうするの?」
「うーん、町で情報を集めるにしても、こんな状況じゃなぁ……」
「ヴァンパイアかどうかは知らんが、何か居るのは判ったけどな、身をもって。」
「やっぱり町を出――」
「待って」
 ScrapBlendの3人の会話を、白兎が遮る。立ち止まる一同。
「ちょっとデジャヴを感じたけど、どうしたの?」
「いや、腰はもう大丈夫なんだけど。」
「じゃあ降りてよ。」
「楽なんだもん。」
「…………」
 凌次は、その場で後ろ受身を取った。
 鈍い音が響く。
「鏡弥のツッコミより数倍痛いっ!?」
「……で、何なの?」
 非常に冷ややかな眼差しで、凌次が白兎に問う。
「いやあのですね……その『ヘタなこと言ったら殺す』って顔やめてくれませんかね……」
 言った後、小さく深呼吸をひとつ。
 まじめな顔になり、白兎が告げた。
「何か声がしたんだ。」

φ

 兎の聴覚を持つ白兎を先頭に、『声』のする場所へと四人が駆ける。
 要所要所に唯那の糸で罠を張りつつ、辿り着いたのは町はずれの井戸だった。
「いやいやいやいや……呪われたりしない? これ?」
「……んなわけない……はず」
 流石にここまで近づけば、白兎の言う『声』は全員の耳に届いていた。
 
『オイデ』
『タスケテ』
『アソボ』
『シナセテ』
 
「……じゃ! 俺はここまでだ! 解体ガンブァッ!?」
 白兎が言い終わる前に鏡弥の裏拳がその口をふさぐ。

「アホなこと言ってんな。どうみても当たりだろこれ。」
「すごーくホラーだけど……行くしかないよね」

 なぜだかヤル気満々の鏡弥と凌次が、

「いやだぁぁぁ呪われるぅぅぁぁ」
「帰りたい……」

「おら行くぞヘタレども」
 涙目で懇願する唯那と白兎の首根っこをひっ掴み、井戸の中へと放り投げる。
「帰らせてぇぇ――………」
「凌次の鬼ぃぃぃ――……」
 二人の声が、井戸の底へと遠ざかって行く。
 それを確認し、凌次と鏡弥も井戸の中へと飛び込んで行った。

PR

PREV HOME NEXT

COMMENTS

COMMENT FORM

TITLE

NAME

EMAIL

HOME
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字PASS
COMMENT

TRACKBACKS

TRACKBACK URL

 
Twitter

プロフィール

HN:栞那/Shiory
年齢:28
ニコニコで歌い手をやったりpiaproで作詞家をやったりしています。
詳細はABOUTにて。

ニコニコで歌ってます。

Mylist
Community

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ブログ内検索

最新コメント

[06/16 ち緑いだ]
[05/28 小筆]
[05/28 ちび]
[05/12 ちび]
[05/05 ちび]

最新トラックバック

OTHERS
Designed by TABLE ENOCH
Powered by [PR]